看護師 精神科 デメリット

精神科に転職して上手くいかない看護師が多いのはなぜ!?

看護師 精神科 デメリット

 

私はこれまで看護師の転職サポートを
ここ10年ほど経験した元看護師転職アドバイザーです。

 

 

この10年の間、看護師の転職市場は他職種に比べると
常に看護師不足が言われ続け、人材を求める病院の数は非常に多いです。

 

 

働く看護師にとっても、転職しやすい環境にあることから、
他職種に比べると平均転職回数は3回と多いことも特徴です。

 

 

私の経験の中では、6回以上職場を渡り歩いている方も決して珍しくはありませんでした。
ただし、そうした転職者はキャリアアップといった前向きな志望動機ではなく、

 

 

転職したが待遇や人間関係などで上手くいかなかったケースが圧倒的に多いのです。

 

 

とくに内科や外科といった一般科から特殊な診療科へ転職した方にその傾向が強い。
では、なぜそうした特殊な診療科に転職された方が入職して上手くいかなくなってしまうのでしょうか?

 

 

それは、その診療科で働くデメリットを事前に理解しないまま転職してしまうからです。

 

 

とくに今回は特殊な診療科の代表格とも言える精神科に焦点をあて、
精神科で働くデメリットから逆転発想して考える失敗しない転職先選びの方法を解説していきます。

 


精神科で働くデメリットを考える

看護師 精神科 デメリット

 

身体的疾患ではなく、精神的疾患の治療にあたる精神科。
それ故、一般科に比べると職場の雰囲気や求められる看護も違ってきます。

 

 

では、一般科から精神科へ転職した方が感じる
精神科で働くデメリットとはどういったものがあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

患者さまとのコミュニケーションが上手くはかれない

 

精神科へ転職した看護師の方がまず最初に抱くのが、
来院される、あるいは入院される患者さまが精神疾患をお持ちでいらっしゃるために、

 

 

普通に通じるであろう言葉も通じない、違った意味で受け取られてしまう

 

 

こうした事が頻繁に起こります。そうした全くこちらとしては悪気のない言葉によって、
時には患者さまから暴力を振るわれたり、暴言をかけられたりすることもあります。

 

 

精神科では、患者さまとの距離感を保ちながらの看護が必要となるため、
一般科しか経験のない看護師にとってはデメリットとして捉え、一般科に戻りたいという方も多いです。

 

 

 

 

 

チームワーク重視の精神科ならではの人間関係

 

精神科では患者さまの疾患上、多種類の薬を服用されるのが特徴的ですが、
そのため精神科看護のメインは服薬管理だと感じる方もいます。

 

 

こうした服薬管理には、まず医師との密な連携が必要。
そして個々に受け持つ患者さまの服薬管理や症状といったものをスタッフ間でしっかりと共有する必要があります。

 

 

できるだけ詳細に情報を共有しなければならない職場環境だからこそ、
人間関係のデメリットに悩む方が非常に多いのも精神科の特徴であると言えます。

 

 

 

 

 

給料が他科に比べると安い

 

仕事をしている以上、考えざるをえない最重要項目である給料面。

 

 

精神科は一般科に比べると給料が安い

 

 

実際に転職して初給料をもらってみて、感じる方が多いです。
看護師という職種は他職種に比べると手当て面のウエイトが給料に反映されやすい側面があります。

 

 

夜勤手当をはじめ、
時間外勤務・休日出勤手当や診療科によって特殊手当がついたりします。

 

 

精神科では、特殊手当として危険手当がつく病院がほとんどですが、
一方で勤務時間外や休日手当はほぼないという方が多いです。

 

 

それは、一般科に比べると急変が少なかったり、
とくに長期治療を目的とする慢性期や認知症ケアでは時間外勤務もほぼないのが現状です。

 

 

そのため、基本給が低い病院だと、手当もつかなければ賞与も低い。
蓋を開けてみれば前の職場に比べると大幅に年収ダウンしたという方も少なくありません。

 

 

給与面のデメリットは、仕事のモチベーションを左右してしまうほど重要なため、
おまけに職場環境が上手く行っていない場合では大変な悩みとしてのしかかってきます。

 

 

 

 


精神科で働くデメリットから逆転発想で考える転職法とは

看護師 精神科 デメリット

 

このように実際に精神科へ転職した看護師が
働きはじめて感じる主なデメリットを3つ挙げました。

 

 

このデメリットを逆転発想して転職先選びをしていけば、
本来であれば転職してからギャップを感じたりはしないわけです。

 

 

ただ、そうはいっても
この3つのデメリットに共通するやっかいな部分があります。

 

 

それは、

 

すべて転職活動時に判断しにくいデメリットなのです。

 

 

通常、看護師の方々の転職方法と言えば、多い順から言うと、

 

 

1位:ハローワーク

 

2位:都道府県の看護協会

 

3位:知人からの紹介

 

 

3位に知人からの紹介が入っているところなんかは
実に医療・福祉という限られた業界内で働く看護師ならではといってよい特長です。

 

 

ただし、この3つのうちいずれにしても、
先に挙げた精神科で働く3つのデメリットを解消するにあたりません。

 

 

なぜなら、

 

 

●ハローワーク:他職種も扱っているため、看護師募集が少ない。窓口担当者は転職の知識はあるが、看護師に詳しくない。

 

●看護協会:看護師募集のみだか、原則看護協会に加盟している病院が中心。相談員は看護の知識はあるが、紹介力に欠ける。

 

●知人からの紹介:転職はしやすい環境を作れるが、知人が働きやすいと感じても、あなたがそうとは限らない。

 

 

 

こうしたそれぞれの媒体には、備わって欲しい部分が抜けてしまっているのです。
少なくとも精神科で働くデメリットをもとに転職先選びをしていくのであれば、

 

 

3つの転職法のメリット全て、具体的には

 

 

看護師募集だけを扱っていること

 

転職の知識やスキルがあり、かつ医療業界の知識や看護師の情報にも長けていること

 

希望の転職先に内定をもらいやすい紹介力があること

 

 

が備わっていることが絶対条件なのです。

 

 

これらすべてが整っている環境があるとしたら、
あなたは利用しない手はないと感じるのではないでしょうか?

 

 

実はあるんです!

 

 

それが、

 

 

看護師求人サイト(人材紹介サービス)です。

 


看護師求人サイト(人材紹介サービス)を使った具体的な転職法

 

では、看護師求人サイト(人材紹介サービス)利用すれば
どうして精神科で働くデメリットを逆転発想した転職先選びをしていけるのか。

 

 

それを具体的に見ていきたいと思います。

 

 

まず、看護師求人サイト(人材紹介サービス)とは、
看護師の資格を保有する方のみが利用できる求人サイトと転職サポートを兼ねたサービス。

 

 

ハローワークや看護協会と同じように登録型のサービスで、完全無料で使うことができます。

 

 

基本的に希望の転職先を選んでいく場合には、
PCやスマートフォンなどから検索していくインターネット求人サイトがメインとなります。

 

 

なので、ハローワークのように紹介状をもらうために足を運ぶ必要はありません。

 

 

次に看護師募集だけを扱うという点は看護協会と同様です。
しかし、看護協会に加盟している病院がメインというしばりはなく、

 

 

小規模医院・クリニックから大規模の総合病院・大学病院まで病院の垣根なく扱っています。

 

そのため、看護師募集・病院数ともに非常に多い

 

 

看護師求人サイト(人材紹介サービス)の平均で
全国10万件前後の医療機関の看護師募集が扱われていることから見て、いかに多いかがお分かり頂けると思います。

 

 

このように募集している病院数の絶対数が多いことによって、
精神科を限定して転職先を絞っても、しっかりとピックアップできるのがメリットです。

 

 

また、インターネット求人ならではの条件指定検索もできることから、
短時間で目的とする病院を数多く集めていくことが実現できること。

 

これもまた、看護師求人サイト(人材紹介サービス)のメリットと言ってよいでしょう。

 

 

そして、

 

 

看護師求人サイト(人材紹介サービス)のもう1つの機能である転職サポート。

 

 

これが、転職活動時に判断しにくい精神科のデメリットを埋める最も重要な部分です。
その役割を担うのが利用者専属で担当する転職アドバイザーです。

 

 

転職アドバイザーは、転職のプロであることは当然、
それでいて長年の経験と紹介実績によって看護の知識・医療・福祉業界に長けた人物となります。

 

 

ハローワークの窓口担当者と看護協会の相談員を合わせ持った存在
と言えば少しはイメージできやすいでしょうか。

 

 

この転職アドバイザーは看護師を要する病院へ希望する人材を紹介する役割を持っていることから、

 

 

あなたと病院側の間にたって人材を紹介する「架け橋」的な存在でもあるのです。

 

 

これが大きなメリットとなるのです。

 

 

どういうことか。

 

精神科で働くデメリットは転職活動時には判断しにくい、
つまり、実際の働く雰囲気や人間関係、転職時に質問しにくい給料の詳細と言った要素だからです。

 

 

しかし、転職アドバイザーは「病院側とコンタクトが取れる=良好な関係を築いている」ことによって、
間接的に病院の内部情報を入手することが可能なのです。

 

 

実際に看護師求人サイト(人材紹介サービス)を利用した経験のある方でも、
この転職アドバイザーのメリットを知らずに活かしきれていない方はたくさんいらっしゃいます。

 

 

何より、転職アドバイザーの経験がある私が言うのですから・・・

 

 

でも、少なくとも当サイトをご覧頂いているあなたには活用して頂きたいポイントです。

 

 

確かに、内部情報が得られるといっても限界はあります。
秘匿性の情報はアドバイザーと言えど開示できませんから。

 

 

しかし、少なくとも精神科のデメリットとして働く看護師が抱く点は
十分に情報提供することができます。無論、病院見学で見聞きする表面上のものなんかではなく。

 

 

これがハローワークや看護協会にはない、知人からの紹介をより具体的に、
そして偏りない情報として得られるのが看護師求人サイト(人材紹介サービス)最大のメリットです。

 

看護師求人サイト(人材紹介サービス)のデメリットも逆転発想!?

看護師 精神科 デメリット

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

精神科で働くデメリットを逆転発想し、
転職先を選んでいくのに使っていく看護師求人サイト(人材紹介サービス)。

 

 

その最も重要な役割は、
看護師転職アドバイザーがカギを握ることもお分かり頂けたと思います。

 

 

 

しかし、転職アドバイザーも、あなたにとってデメリットになる場合があります。

 

 

それは、転職アドバイザーが「人」であることの問題点です。
つまり、対応やあなたとの相性といってものが出てきてしまうためです。

 

 

実際に看護師求人サイト(人材紹介サービス)を利用した方の中で、
不満を持たれるのはほとんどが、この転職アドバイザーとのやり取りです。

 

 

求人量や掲載されている病院数が少ないという意見は、
よっぽど厳しい条件を提示する方以外は私は聞いたことがありません。

 

 

そう、転職アドバイザー自体が
看護師求人サイト(人材紹介サービス)のデメリットになってしまっているのです。

 

 

しかし、これも転職先選び同様に、逆転発想すれば言いのです。

 

 

看護師求人サイト(人材紹介サービス)と呼ばれるものは、
実に様々な企業が運営しており、その数はかなりあります。

 

 

そう考えれば、何もあなたは1つのサイトに絞る必要はありません。
複数並行して利用したって全然構わないのです。

 

 

でも、それが皆さんできないのです。

 

 

複数と聞くと、片っ端から登録する人がいて対応に追われてしまったり、
並行してといっても面倒だからと言う理由で結局は1サイトだけを選択して失敗したりと。

 

 

だから私はこう提案しています。

 

 

私が厳選に厳選を重ねた3つの看護師求人サイト(人材紹介サービス)を使ってみてください、と。

 

 

それが以下にご紹介している3つとなります。
基本的にどれを利用してもらっても大丈夫!と言い切れるサイトだけを選んでいます。

 

 

どうでしょうか?3つくらいなら対応に追われることもないですし、
また登録するのだって合わせて5分もかかりませんから面倒ではないですよね。

 

 

私は何も必ず3つ全てを並行して使っていってくださいとは言いません。

 

 

全部利用した結果、1つの看護師求人サイト(人材紹介サービス)に絞って転職先を探していく。

 

 

これも全然ありなんです。

 

 

でも必ず自分の目で確かめる。アドバイザーとの相性をしっかり見極めることが大事。
そのためにまずは3つすべてに登録して比較することからはじめて下さい。

 


元転職アドバイザー厳選の看護師求人サイト(人材紹介サービス)BEST3

 

ナース人材バンク

 

 

 

 

看護師専門の人材紹介としては運営歴の長いナース人材バンク。
その確かな実績から、人材を必要とする病院側からも高い支持を得ているのが最大の特長です。

 

 

その結果、全国10万件を超える病院数、扱う求人情報の質も高い。

 

また、希望先の病院と積極的にコンタクトを取ってくれる
求人数とサポートのバランスが非常に良いため、総合第1位で推奨します。

 

 

ナース人材バンク公式登録ページへ

 

 

 

 

 

マイナビ看護師

 

 

 

 

アドバイザー対応力では間違いなく1番という評価ができるのがマイナビ看護師です。

 

そして、全国展開ながらも、関東、東海、関西エリアなどの都市部にも強いこと、
大規模病院や都市部の転職にも平均的に力を注いでいる看護師求人サイトです。

 

 

マイナビ看護師公式登録ページへ

 

 

 

 

 

看護のお仕事

 

 

 

 

転職がはじめての方に特におすすめしたいのが看護のお仕事。
なぜならすべてにおいて決め細やかなサポートを運営方針に掲げているのではというほど納得のサポート力。

 

ここでは弟3位としましたが、
どの看護師でも利用しやすい万能型であることは間違いありません。

 

 

看護のお仕事公式登録ページへ